新着情報NEWS

マイナス温度でどーやって機内を温めるのか

2018.01.26

外気温マイナス40度で機内をどう温めるのか

飛行機はときに1万m以上の高度を飛ぶこともあります。そのような環境では、外気温がマイナス40度にもなりますが、機内をどう温めているのでしょうか。また夏場、地上ではどのように冷やしているのでしょうか。

一般的なエアコンは、室内機と室外機がセットですが、飛行機に室外機のようなものは見当たりません。JAL(日本航空)によると、「飛行中は両翼のエンジンから外気を取り入れ、エアコンに使っています」とのこと。詳しく話を聞きました。
――飛行中の空調はどのような仕組みで提供されているのでしょうか?

一般的なジェットエンジンは、外気を取り込みコンプレッサー(圧縮機)により圧縮空気を作り、燃焼室で燃料と混合し断続的に燃焼させる構造となっていますが、このコンプレッサーで作られた一部の圧縮空気を取り入れ、これを航空機のエアコンシステムに送っています。さらに、エアコンシステム内でこの空気が冷却され、機内に送風される仕組みとなっています。

アクセスACCESS

お店を探す

経路案内

クーポン

Webで予約

電話で予約

Phone 050-7582-9217