新着情報NEWS

旅する居酒屋。

2020.07.15

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の徴収を、8月と9月発券分も行わない

JALは燃油サーチャージの徴収を、航空燃料のシンガポールケロシンの価格下落に伴い、6月1日発券分から取りやめていた。

燃油サーチャージがゼロとなるのは2016年4月から2017年1月の期間以来、約3年半ぶりだった。

燃油サーチャージは、シンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、為替レートの2ヶ月間の平均で円換算した際の金額に応じて徴収すると定めている。

4月から5月のシンガポールケロシンの市況価格は1バレルあたり平均25.60米ドル、1米ドル107.65円だったため、円貨換算額は2,756円となった。

※※円貨換算額が6,000円未満となった場合には、燃油サーチャージを適用しないこととしている。

↑ココミソね。。。円貨換算額が6000円未満だった場合はサーチャージの適用は無し。

って事だからもしかしたら年内はサーチャージの徴収が無いかも?

しかも、期間の搭乗分ではなくて発券分とあるから

このサーチャージ無し期間に予約&支払いをすれば良いって事だよね。

旅人には嬉しい悲鳴。あとはコロナの状態と現地国の状況を予測して発券だ。

アクセスACCESS

お店を探す

経路案内

クーポン

Webで予約

電話で予約

Phone 050-7582-9217